top of page

ゴールを量産するため、誰にも負けられない、エリートストライカー【Match Day Spotlight #15】

2021年9月18日

「本気でプロになれると思ってました。けど、現実は自分が当時思っていたほど、甘くなかったです。」

そう当時を思い返すが、大きな夢を描いていたのも無理はない。

浦和レッズユースで経験を積み、東京農業大学ではエースへと成長し、Jリーグクラブの練習にも参加していたほどだ。ただし、夢が叶わず、またサッカーを本格的にしようと思っていたタイミングで、頻繁に連絡を取り合っていた大学時代の先輩、GK深谷星太選手の誘いにより、CITYを知り、練習参加に至った。

「今まで2つか3つ上までの先輩としかサッカーをやってこなかったので、不思議でしたし、緊張しました」と、トップチームカテゴリーを経験していなければ、ごもっともな感想を述べながらも「でも、意外とアットホームな環境というか、皆やさしくて、翔平さん(


選手)やノムさん(野村良平選手)から当時からアドバイスをもらっていました」

入団を決めたきっかけも、そのような学べる環境であることから、「もっと上手くなれると思った」と話す。実際に「去年からも個人的にレベルは上がったと思います」とのことだ。

昨シーズンは、途中からの加入ではあったが、すぐさまチームにフィットし、ゴールという形での結果も残したが、シーズン終了前にして、怪我をし、そのまま今シーズンを迎えてしまった。

「今シーズンはたくさん優秀な前線の選手も入ってきて、ワントップのフォーメーションだったので、その一枠を争うという意味では、出遅れて焦りました。復帰してから結果も残せたし、チームも連勝できて良かったです」

ただし、まだポジション争いに勝ったというわけではない。登録上、今シーズンは6名のフォワードの選手がいるが、他の選手に勝るのはモノは何なのか。

「ゴールへの執着心や、ゴールに直結するプレーに関しては誰にも負けないです。大学1年生までは中盤もやっていたので、他のポジションはできなくもないですが、ワントップの位置にこだわっていきたいです。元々はアシストをするのが好きでしたが、今は断然ゴールですね。決めた時の喜びが快感です」

今後、ワントップの地位を確実に手に入れるためには何が必要なのか。

「自分は左利きなので、同じ左利きの


さんのキックから学び、身につけたいです。あとは裕太くん(

選手)の大事な場面で決める力、がほしいです」と、羨ましそうに話し、「目指すのは興梠慎三選手(浦和レッズ)のようなストライカーです。相手をしっかり見ながら、常に一瞬のスキを狙えるようになりたいですね」とレッズのトップチームの練習に参加した際に肌で感じた経験も交えて語ってくれた。

シーズンの目標に関しては、「今年は出遅れたので、その分残りの4試合で昇格を決定づけたり、手繰り寄せるゴールを決めたいです。そういった形でチームに貢献したいです」と意欲十分だ。

ポジション争いに勝ち抜き、1部昇格へとチームを牽引できるのか。CITYのゴールハンターから、目が離せない。

影森 宇京 選手 のプロフィールは


Editor :



東京都1部リーグ第17節

■開催日時 9月19日(日)17:30キックオフ

■対戦相手 八王子フットボールクラブ

■会場 非公開

■ライブ配信


■Player! テキスト速報



■SHIBUYA CITY FC 「渋谷から世界で最もワクワクするフットボールクラブをつくる」というコンセプトの都市型フットボールクラブ。 「Football for good ~ワクワクし続ける渋谷をフットボールで~」というビジョンを掲げ、渋谷の街全体をスタジアムと見立て、365日、フットボールを軸に渋谷に関わる人々や企業・組織と共創したコンテンツが楽しめる姿を目指している。 2014年に発足したTOKYO CITY F.C.が前身となり、2021シーズンよりクラブ名称を「SHIBUYA CITY FC」に変更。

■本件に関するお問い合わせ SHIBUYA CITY FC / 株式会社PLAYNEW 担当:土海 お問い合わせは



bottom of page