top of page
MatchResultBg (1).png

KICK OFF | 

1:00

早稲田大学東伏見サッカーグラウンド

SHIBUYA CITY FC

早稲田大学ア式蹴球部FC

1
0

2023シーズン 東京都社会人サッカーリーグ1部

2023年5月21日

GAME RESULT

ゴール

5

min

RYUTO ITO

選手交代

45

min

TOSHINOBU YAMAUCHI

YUKI TODOROKI

IN

OFF

選手交代

59

min

TOMOHIRO MIZUNO

KENYA HONDA

IN

OFF

選手交代

59

min

GINJI SASAKI

RYUTO ITO

IN

OFF

選手交代

68

min

DAICHI INOUE

SHU KAWANISHI

IN

OFF

選手交代

82

min

TOMOYA SUZUKI

SHOHEI ABE

IN

OFF

​STARTING XI

FW

SHU KAWANISHI

11

YUKI TODOROKI

77

RYUTO ITO

98

MF

NAOKI TSUCHIDA

40

RYO UEMATSU

8

KENYA HONDA

14

DF

GO KAGEYAMA

50

SHUNSUKE IWANUMA

20

SHOHEI ABE

6

TAIKI WATANABE

41

GK

KAITO SATO

38

GAME REPORT

ハイライト動画



マッチレポート


1ヶ月ぶりの公式戦となった前節。常にボールを握り攻める展開の中で、なかなかゴールをこじ開けられなかったものの、焦れずに戦い続け見事勝利を収めた。惜しくも開幕戦は落としたものの、その後は無傷の4連勝で順位表でも4位まで浮上した。


そんな中迎えた5月3連戦の2戦目。相手は早稲田大学ア式蹴球部FC。今季初の大学生チームとの公式戦で、ここ数日の気温の上昇もあいまって、勢いと技術のある難敵とのハードなゲームが繰り広げられた。




SHIBUYA CITY FCのスタメンは前節から中盤より前の4人を変更。GKは2試合連続で#38佐藤海斗が務め、最終ラインは左から#6 阿部翔平、#20 岩沼俊介、#41 渡邊大生、#50 景山豪。中盤はアンカーポジションに#4 土田直輝が入り、その前に#14 本田憲弥、#8 植松亮が並ぶ。3トップは左から#11 河西守生、#98 伊藤隆人、そして#77 轟木雄基という布陣に。#11 河西は今季初めてスタメンに名を連ね、#77 轟木は今季初出場となった。




試合もまだ落ち着かない前半4分、チャンスを掴んだのはSHIBUYA CITY FC。スローインのこぼれ球を#6 阿部が蹴り返し、高く上がったボールは#98 伊藤へ。競り合った際に、相手DFがファールをしたとして、PKを獲得した。

これを#98 伊藤がキーパーの逆をついて自ら沈め、SHIBUYA CITY FCが先制に成功する。PKを蹴った#98 伊藤は第3節のZION FCとの一戦で失敗してしまっていただけに、ここで決めることができたのは、本人にとってもチームにとっても大きなゴールとなっただろう。




その後もチャンスを迎えるSHIBUYA CITY FC。11分には#4 土田のスルーパスに抜け出した#11 河西が、16分には#8 植松が相手DF5人の間をドリブルで突破し決定機を迎えるも、体を張った守備に阻まれる。


前半終了間際の40分には、左サイドでボールを持った#6 阿部を起点に、#11 河西→#98 伊藤と繋ぎ、折り返したボールに#77 轟木が詰めるも、惜しくもゴールとはならない。




1−0で折り返したハーフタイムに#77 轟木に替えて#2 山内稔之を投入。リーグ戦ではここまで左サイドでの起用が中心となっていた#2 山内だが、この試合はそのまま#77 轟木が務めていた右サイドに入った。


後半はボールを握られる展開が続き、守備に回ることが増えていく。そんな中で、高い技術と勢いを持って攻め立てる早稲田の攻撃を、交代選手も投入しながらチーム一丸となって体を張り、戦い続けた。


41分には、相手コーナーキックをファーで合わせられ、大きなピンチを迎えるも#38佐藤がビッグセーブ。大きな体躯を躍動させチームのピンチを救った。このシーン以外にも、相手のクロスボールやシュートに対して安定感をみせ、守護神としての役割を存分に果たした。


このまま1点を守り抜き1−0で勝利。これで5連勝となり上位進出の足がかりとなる勝ち点を積み上げた。




苦しい展開が続く中でも、チームを支えたのはセットプレーと選手層の厚さだ。#6 阿部、#41 渡邊という優秀な左右のキッカーが揃うセットプレーは試合の展開に拘らず得点の機会となりうる。また、気温が高く、運動量が増える試合でも、5人の選手交代枠を存分に生かし90分を通してチームとしての強度を落とさずに戦う力を今シーズンのSHIBUYA CITY FCは持っている。




何より、苦しい試合展開を耐え抜き、勝ち切ったことは非常に大きな収穫だといえる。これまでは、攻めあぐねる展開の中で、後半に先制点を挙げ勝利をつかむ流れが多かった。一方で、唯一前半のうちに先制点を挙げた開幕節は、その先制点を守りきれずの敗北となってしまった。それだけに、早くに先制点を挙げ、その一点を守り切った集中力と戦う姿勢は、チームに新たな勝ちパターンと自信を与える一戦となったのではないだろうか。




一方で、攻め切ることができず「重心が下がってしまった」のは、増嶋監督も試合後に語ってくれていた点である。次節まで1週間という短い期間ではあるが、少しでも改善を図りながら準備を進めていくだろう。


連戦連勝で来ている中、次節は首位に位置するFC N.との一戦。日本大学サッカー部のチームであり、今節と同様、フレッシュな大学生を相手によりハードな試合が予想される。上位対決となる次節、早くもシーズンの行方を占う重要な一戦に臨む。



■次の試合情報

大会   :東京都社会人サッカーリーグ1部 第7節

対戦相手 :FC N.

日時   :2023年5月28日(日) 10:00キックオフ

会場   :日本大学稲城総合グラウンド

観戦   :無料

ハイライト動画



マッチレポート


1ヶ月ぶりの公式戦となった前節。常にボールを握り攻める展開の中で、なかなかゴールをこじ開けられなかったものの、焦れずに戦い続け見事勝利を収めた。惜しくも開幕戦は落としたものの、その後は無傷の4連勝で順位表でも4位まで浮上した。


そんな中迎えた5月3連戦の2戦目。相手は早稲田大学ア式蹴球部FC。今季初の大学生チームとの公式戦で、ここ数日の気温の上昇もあいまって、勢いと技術のある難敵とのハードなゲームが繰り広げられた。




SHIBUYA CITY FCのスタメンは前節から中盤より前の4人を変更。GKは2試合連続で#38佐藤海斗が務め、最終ラインは左から#6 阿部翔平、#20 岩沼俊介、#41 渡邊大生、#50 景山豪。中盤はアンカーポジションに#4 土田直輝が入り、その前に#14 本田憲弥、#8 植松亮が並ぶ。3トップは左から#11 河西守生、#98 伊藤隆人、そして#77 轟木雄基という布陣に。#11 河西は今季初めてスタメンに名を連ね、#77 轟木は今季初出場となった。




試合もまだ落ち着かない前半4分、チャンスを掴んだのはSHIBUYA CITY FC。スローインのこぼれ球を#6 阿部が蹴り返し、高く上がったボールは#98 伊藤へ。競り合った際に、相手DFがファールをしたとして、PKを獲得した。

これを#98 伊藤がキーパーの逆をついて自ら沈め、SHIBUYA CITY FCが先制に成功する。PKを蹴った#98 伊藤は第3節のZION FCとの一戦で失敗してしまっていただけに、ここで決めることができたのは、本人にとってもチームにとっても大きなゴールとなっただろう。




その後もチャンスを迎えるSHIBUYA CITY FC。11分には#4 土田のスルーパスに抜け出した#11 河西が、16分には#8 植松が相手DF5人の間をドリブルで突破し決定機を迎えるも、体を張った守備に阻まれる。


前半終了間際の40分には、左サイドでボールを持った#6 阿部を起点に、#11 河西→#98 伊藤と繋ぎ、折り返したボールに#77 轟木が詰めるも、惜しくもゴールとはならない。




1−0で折り返したハーフタイムに#77 轟木に替えて#2 山内稔之を投入。リーグ戦ではここまで左サイドでの起用が中心となっていた#2 山内だが、この試合はそのまま#77 轟木が務めていた右サイドに入った。


後半はボールを握られる展開が続き、守備に回ることが増えていく。そんな中で、高い技術と勢いを持って攻め立てる早稲田の攻撃を、交代選手も投入しながらチーム一丸となって体を張り、戦い続けた。


41分には、相手コーナーキックをファーで合わせられ、大きなピンチを迎えるも#38佐藤がビッグセーブ。大きな体躯を躍動させチームのピンチを救った。このシーン以外にも、相手のクロスボールやシュートに対して安定感をみせ、守護神としての役割を存分に果たした。


このまま1点を守り抜き1−0で勝利。これで5連勝となり上位進出の足がかりとなる勝ち点を積み上げた。




苦しい展開が続く中でも、チームを支えたのはセットプレーと選手層の厚さだ。#6 阿部、#41 渡邊という優秀な左右のキッカーが揃うセットプレーは試合の展開に拘らず得点の機会となりうる。また、気温が高く、運動量が増える試合でも、5人の選手交代枠を存分に生かし90分を通してチームとしての強度を落とさずに戦う力を今シーズンのSHIBUYA CITY FCは持っている。




何より、苦しい試合展開を耐え抜き、勝ち切ったことは非常に大きな収穫だといえる。これまでは、攻めあぐねる展開の中で、後半に先制点を挙げ勝利をつかむ流れが多かった。一方で、唯一前半のうちに先制点を挙げた開幕節は、その先制点を守りきれずの敗北となってしまった。それだけに、早くに先制点を挙げ、その一点を守り切った集中力と戦う姿勢は、チームに新たな勝ちパターンと自信を与える一戦となったのではないだろうか。




一方で、攻め切ることができず「重心が下がってしまった」のは、増嶋監督も試合後に語ってくれていた点である。次節まで1週間という短い期間ではあるが、少しでも改善を図りながら準備を進めていくだろう。


連戦連勝で来ている中、次節は首位に位置するFC N.との一戦。日本大学サッカー部のチームであり、今節と同様、フレッシュな大学生を相手によりハードな試合が予想される。上位対決となる次節、早くもシーズンの行方を占う重要な一戦に臨む。



■次の試合情報

大会   :東京都社会人サッカーリーグ1部 第7節

対戦相手 :FC N.

日時   :2023年5月28日(日) 10:00キックオフ

会場   :日本大学稲城総合グラウンド

観戦   :無料