menu
Shibuya City FC
GL_TOMO_HP.png

西口智大 選手 現役引退のお知らせ

2023.01.08|News

SHIBUYA CITY FCは、西口智大選手が2022シーズン限りで現役を引退することになりましたので、お知らせいたします。

西口 智大(Tomohiro NISHIGUCHI)
ポジション:MF
出身地:大阪府
生年月日:1999年9月25日
選手経歴:サザンウェーブ泉州FC(大阪府) - セレッソ大阪和歌山U-15 - 興國高校 - 流通科学大学 - BTOPサンクくりやま

クラブ通算成績:5試合出場 / 0ゴール / 0アシスト

■コメント
この度、SHIBUYA CITY FCを退団し、現役を引退するという決断をいたしました。

幼い頃から描いていたプロサッカー選手という夢を叶えることはできませんでしたが、こんなにも素晴らしいスポーツに出会えたこと、続けてこれたことを幸せに思います。
そして、この20年サッカーを通して出会うことのできた指導者や仲間、数多くの方々は僕にとってのかけがえのない財産です。

そして母、今は亡き父
これまでどんなことがあっても当たり前のように支えてくれて本当にありがとうございました。
思いかえせば、死ぬほど辛くて逃げ出したくなることも、死ぬほど嬉しくて仲間と喜びを分かち合ったあの瞬間のことも沢山経験しましたが、両親が支えてくれたからこそ今となればその全てが僕のこれからの前へ進んでいく活力となってくれると思います。
そして、SHIBUYA CITY FCに関わる全ての皆様、約4ヶ月間という短い間でしたが、快く加入を歓迎していただきありがとうございました。4ヶ月という短い間で物凄く濃いものを経験させていただきました。SHIBUYA CITY FCで現役を終えることができて僕はすごく幸せです。本当にありがとうございました。

夢に向かって費やしてきたこれまでの時間は必ずこれからの人生に繋がると思ってこれからも日々精進して参りたいと思います。
サッカーというスポーツに出会えたことに感謝して、これまでの経験を必ずこれからに活かして、別の舞台で花を咲かせます。
サッカーを続けて20年、本当にありがとうございました。

■SHIBUYA CITY FC
渋谷からJリーグを目指すサッカークラブ。「PLAYNEW & SCRAMBLE」を理念に掲げ、渋谷の多様性を活かした新しく遊び心のあるピッチ内外の活動で、これまでにないクリエイティブなサッカークラブ創りを目指す。J1リーグ優勝経験を持つ阿部翔平や田中裕介などJリーグキャリア豊富なベテランと、Jリーグ入りを目指す若い選手たちが所属する。
渋谷駅周辺6会場をジャックした都市型サッカーフェス「FOOTBALL JAM」や官民共同の地域貢献オープンイノベーションプロジェクト「渋谷をつなげる30人」を主宰するなど、渋谷区での地域活動も多く実施している。